お問い合わせお問い合わせ 組合員お問い合わせ組合員お問い合わせ
お知らせ

職員の感染対策の取り組みについて

2021.06.09八戸医療生協

2021年5月17日

 

 

 

職員の感染対策の取り組みについて

 

 

コロナフェーズⅡを継続します。

○外出行事の中止

○家族面会中止

○ボランティア受け入れ中止

○県内・市内での会議、研修参加は不可(オンライン可)

※引き続き、自身の健康管理に努めます。

※これまでの感染防止対応に自信をもち、今後も継続します。

 

 

1.日常生活上の注意

①「3つの密」(密閉・密集・密接)を回避する

②「人と人との距離の確保」、「手洗いなどの手指衛生」、「マスクの着用」をはじめとした基本的感染対策の徹底を継続する

③職場での休憩・昼食時間は「分散する」、「対面しない」、「隣の人と間隔をあける」「会話は控えめにする」などを守る

※職員休憩場所はクラスターの発生源になるリスクが大きいことが分かっています

④同居ご家族以外の人との会食はなるべく避ける。

⑤冠婚葬祭への出席は状況を確認したうえで判断する。

⑥栄養の偏りをなくし、適度な運動(時間がない方は複式呼吸だけでも)、十分な睡眠、冷えを防ぐ、等、免疫力を高めます。

 

 

 

2. 感染拡大地域からの「たむかいの家」施設への家族面会

面会を中止とします。当面の間、入館はお断りし、オンラインでの面会といたします。

 

3. 感染拡大地域から帰省した家族と同居した通所系サービス・在宅サービスの利用者

帰省者と同居する利用者については、一律にサービス提供を断ることはせず、事前に同居者の体調や濃厚接触の有無、往来場所等について確認し、その都度対処していきます。

 

4. 職員の県域をまたぐ往来について

研修・出張に限らず、県内外の移動予定がある場合は、事前に管理者への報告(行動申請書)をお願いします。また、県外からの来訪者(業者、親せき等)と面談予定がある場合も同様の対応をお願いします。

特に、新規感染者が発生している地域の往来については慎重に判断するとともに、三密となる場所への訪問や行動は極力避けます。

 

※現時点で14日間の自宅待機が必要となる地域 

青森県、岩手県、山形県、福島県、秋田県、を除く全地域

 

5. 往来先の感染者情報の把握

県内外を問わず、移動先および来訪者の居住先の感染者情報の把握を行ってください。往来前に限らず、往来後2週間は感染者情報の把握に努め、発熱や咳など体調不良が見られる場合は無理に出勤せず、適切な医療機関を受診します。

 

やむを得ない事情でご家族等が帰省する場合は、帰省前の2週間は会食を控えるなど、感染対策の徹底をお願いします。可能であれば帰省の直前にPCR検査をを受けるなど安全を確認します。

 

 

以上