本文へ移動

医療生協とは?

医療生協とは?

 「医療生活協同組合」を略した呼び名です。
 地域のひとびとが、それぞれの健康・医療とくらしにかかわる問題をもちより、医療機関・介護事業所などを所有・運営し、ともに組合員として生協を担う住民と職員の協同によって、問題解決のために事業と運動を行う、消費生活協同組合法にもとづく自治的組織です。
 医療生協は全国に105生協があり、約297万人の組合員がいます。75の病院と345の診療所、175の訪問看護ステーション、195のヘルパーステーションなど1,700余の施設を持ち、組合員を中心に地域の保健・医療・介護活動に取り組んでいます(2019年3月末日現在)。

 八戸医療生協は、青森県南地域にも是非医療生協をつくりたいという願いから、1989年より発起人会が準備にかかり、1990年1月に創立総会が開かれました。1992年1月に「八戸生協診療所」を開設し、その後1998年「生協訪問看護ステーション虹」、1999年「デイケア・在宅介護支援センター」、2000年「生協ヘルパーステーション・生協居宅介護支援事業所」、その後4施設を開設し、地域の諸団体とも連携しながら、保健・医療・介護のネットワークを進めてきました。600人の賛同者でスタートした医療生協も現在では9,000人へと発展しています。

 

 日本医療福祉生活協同組合連合会全日本民主医療機関連合会に加盟し、無差別・平等の医療・介護をめざし取り組んでいます。

八戸医療生活協同組合の基本理念

           八戸医療生活協同組合の基本理念
           スローガン『地域みんなでつくる、健康ライフ』
 
まちづくり
 地域・職域の人々とともに、医療機関・福祉施設等との連携を強め、安心して住み続けられるまちづくりをすすめます。地域に支部・班を組織し、「健康に暮らしたい」「豊かな人生を送りたい」という願いを、地域の人々とともに実現していきます。
 
ひとづくり
 共同のいとなみとして医療と介護・福祉をすすめ、地域の人々のいのちと健康を守ります。地域・組合員とともに歩む、人間性豊かな専門職を育てます。
 
健康づくり
 「健康で長生きしたい」「病気になっても自宅で暮らし続けたい」と願う組合員からの出資金により、医療機関・福祉施設等の事業所をつくり、医療・福祉の専門家と協同で、地域医療・保健の充実のために運営していきます。
                                 2015年4月1日施行

八戸医療生活協同組合
〒031-0001
青森県八戸市類家5丁目38-20
TEL.0178(71)3456
FAX.0178(73)1175
 

 

TOPへ戻る